水の硬度って何?

硬度は水の中に溶け込んでいるカルシウムとマグネシウムの合計量を数値化したもので、当サイトで参考にしている「水の硬度計算(※注意参照)」では

硬度=(カルシウム量×2.5)+(マグネシウム量×4.1)

で計算されています。
(硬度、カルシウム量、マグネシウム量の単位はmg/L)

硬度による水の硬水・軟水の分類は、当サイトで表示しているWHOによるものと、一般的なものでは異なり、

硬度(mg/L)
超軟水 0以上50未満
軟水 50以上100未満
中硬水 100以上300未満
硬水 300以上600未満
超硬水 600以上

基準はいくつか種類があります。

日本人と水の硬度
日本の水道水が硬度が低いからか、日本人にはどちらかといえば軟水が好まれるようです。和食や日本茶に合うのも軟水なので、ウォーターサーバーを料理で使うことも想定すれば、特に硬水が好みでなければ、軟水の方がおすすめです。


軟水の味

軟水はミネラル量の少ない、やわらかい味。口当たりがまろやかで、飲料水としても日本人向きと言われます。日本の多くのペットボトルミネラルウォーターや外国の日本でよく売れてる水は、軟水ぎみのものが多いです。

硬水の味

硬水はミネラル分が多く、くせのある味。日本人は不慣れと言われ、好き嫌いがはっきりしそうです。あえて健康目的で飲む方、スポーツ後の栄養補給、ダイエット、便秘解消などに選ばれます。


軟水と料理

軟水はミネラル分が少ないので、日本食などの素材を引き立てる、風味を生かすのに向いています。和風だしや煮物、日本茶やコーヒーなど風味を楽しみたいなら軟水です。
また乳児の粉ミルクに用いるならミネラル分を摂り過ぎない軟水です。

硬水と料理

硬水は洋食、特に煮込みの肉料理、シチューやポトフなどに合います。肉を硬くする成分と硬水のカルシウムが結き、また肉の臭みもアクとして出るのでよりおいしく調理できます。
また同じコーヒーでも、苦みの強いコーヒーが飲みたい方はこちらです。


inserted by FC2 system